タイゴルフ

バンコクでゴルフレッスン。こんな失敗はするな。

 
タイにいる日本人にとってゴルフは必需品です。
そんなわけで、バンコクには多くの日本人向けレッスンスタジオがあり盛況のようです。
 

バンコクの日本人向けゴルフレッスンスタジオ

  • Zen golfer’s Factory
  • Bangkok Golf Center
  • Golf Studio Sally (女性専用)

 
しかしその割には、、
「全然上手くならなかった」「お金がもったいなかった」などとネガティブな意見を結構聞きます。

そこで私が実体験に基づいて、

本当のところどうなのか、書いてみたいと思います。

私が通ったのはGate WayエカマイのZen Golfer’s Factory
期間は2012年〜2015年の3年間で、当時のスコアは100前後といったところでした。

実はそれ以前にもワイルディングゴルフというレッスンスタジオに1年程通っていましたが、殆ど上達せず悔しい思いをし、今度こそと藁をも掴む思いでした。

今、日本でTVなどにも出演し

話題になっている立松里奈さんという日タイハーフのジュニアゴルファーがいるのですが、彼女を指導したのがこのレッスンスタジオです。
そして彼女を直接指導して育てたコーチからレッスンを受けることになりました。

まずは30回分のチケットを購入しました。
当時は3,000バーツ/1時間マンツーマンレッスン という値段設定でしたので
30回で9万バーツ(およそ30万円)、、
正直高いと思いましたが、これで上達するならと心を決め購入しました。
(多分今は値段が違うかもしれません)

そして、その後に追加で10回分購入したのでトータル3年間で40回のレッスン(約40万円)を受けたことになります。

で、効果はどうだったか、。

結論からいいますと、3年後平均スコア95−7くらい、多少は良くなったが、良い時は80台も出るが、100も叩くという典型的アベレージゴルファーの域を全く脱出することは出来ませんでした。

自分が思っていたより全く効果が上がりませんでした
これをプレジェクトと考えると、完全にプロジェクト失敗と言ってもいいと思います。

それでは、なぜ失敗したのか

考えてみたいと思います。

よかったことは、コーチは間違いなく非常に優秀な方であったということ。
1時間のレッスンが終わると必ず新しい発見があり、その時は3000バーツは全く高くなかったと感じていました。

しかし、、です。
彼には問題がひとつあり、それはジュニアの遠征などで非常に忙しい人だった為、なかなか予約が取れずレッスンの間隔が1ヶ月空くようなことはザラであったことです。

当時は間隔が空いても、レッスンで受けたことを忘れないようにしっかりと自主練で埋めれば問題ないと思っていました。以前のレッスンで出来ていたことが、気がつくと出来なくなっていても「それがゴルフというものだ」と半ば諦めて続けていました。

でも考えればそれはおかしいことです。

だって今やプロゴルファーもプロのコーチをつけているのです。
それってどういうことかというと、プロでさえ自分のスイングの狂いに自分で気がつくことが出来ないということです。

僕ら素人がレッスンで教えられ、その時は出来たかもしれない「理想的な正しい動き」はたった1日で消えてしまいます。それは当たり前の話なんです。

でもそれじゃどうすればいいかということを考えなければならなくて、忘れないようにレッスンの頻度を上げるというのが正しい対処法のはずです。

なぜか当時は分からなかったのです。
どんなにいいレッスンでも1ヶ月も空けて受けるのはお金をドブに捨てるようなものだと、、
 

そんなわけで

こんな失敗をした私だからこそ
これからバンコクでゴルフレッスンを受けたいと思っている人にアドバイスしたい。
 

  • レッスンは集中して受けましょう。週3で3ヶ月やった方が週1で1年やるより効果が出ます。
  •  

  • バンカーの練習はバンカーでしか出来ません。アプローチ、パターも同様です。
    ラウンドレッスンの時に時間をとって教えてもらいましょう。
  •  

  • 初心者が全くの我流で1,000球打っても、下手を固めるだけで時間とお金の無駄です。
    それならYoutubeでも見てた方がずっと上達します。


 
ゴルフ上達は時間が掛かります。あきらめない気持ちが大切です。
(私もつい先日、クラブをチャオプラヤー川に捨てたくなったところですが、なんとか踏みとどまりました。。)

ABOUT ME
でこ
バンコク在住15年。