健康・運動

【スマホ使いすぎ】首・肩のコリは体幹を鍛えて改善できます

 
スマホやパソコンの使いすぎが原因で、肩こりや首のこりに悩んでいませんか?
5Kgにもなる人間の頭は、ボーリングの球が背骨の上に乗っているようなものです。
スマホを使う前傾姿勢を長時間つづければ、首が疲れて凝ってくるのは当然です。

根本的な解決方法としては、体幹を鍛えることです。

また、体幹を鍛えれば、自然と背筋が伸びた正しい姿勢で歩くことができます。

同時に、腰・股関節・膝・足首などの痛みを改善出来ます。

以前オーストラリアにいた時に、博士号をもつ理学療法士の先生の療法室に暫く通っていました。
膝と足首の問題で行ったのですが、指摘されたのは体幹の弱さでした。
そこで教わった体幹の鍛え方と、体幹を使った正しい歩き方をお教えしたいと思います。

体幹が弱い人の特徴

・階段でつまずく

・靴の裏がよくすれる

・猫背で歩いている

・腰痛、膝痛、足首通などがある

以来、普段でも体幹を意識して生活するようになり、歩き方も変わりました。
最近はだいぶ体幹力がついたと感じます。

体幹とはなんでしょうか?

簡単にいうと「腸腰筋」のことです。
世の中体幹ブームですが、体幹の鍛え方ついては正しく説明されているものは少ないです。

 

腸腰筋をセルフチェックしよう

へその少し下辺りで腹筋を両側から挟んでいる筋肉です。

 

ここを押した時にズブズブとスライムのように柔かい人は要注意です。

普段から腸腰筋を意識して生活出来ている人はびっくりするほどカチカチです。

筋肉むきむきの人でも体幹のない人は結構います。

脳のスイッチを入れる

腸腰筋が使えない人は、ここに筋肉があるということを脳が忘れちゃっています。
脳と筋肉が繋がっていないのです。

腸腰筋を使う脳のスイッチが完全にOFFになっているので
自分で腸腰筋の場所を確認して脳に「腸腰筋はここにありますよ」と教育してあげて下さい。

指で腸腰筋を触りながら、息を吐きながら肛門を閉める意識で行って下さい。
両膝を立てて仰向けに寝て行うといいでしょう。

どのように鍛える?

仰向けに寝て片足づつ上げるトレーニングが効果的です。
腸腰筋とハムストリングを同時に鍛えることが出来ます。

 

正しい歩き方とは

常に腸腰筋を意識して歩くことが大切です。
ときどき指で押してあげて、腸腰筋と脳を繋ぐスイッチを入れるようにしましょう。

腸腰筋を入れると骨盤が立ちます(下記参照)

 

わたしはこんな効果があると実感しています
腸腰筋を入れると、、

骨盤が立つ >> ハムストリングを使える >> 腰痛・膝痛改善

腸腰筋を入れると、、

背筋が伸びる >> 猫背が治る >> 首・肩こり改善

筋肉は意識するか否かで全く変わります。
普段の生活から意識することが大切です。

スマホを使う前傾姿勢は、首や肩のコリに直結する悪い姿勢です。

スマホを使う時間を少なくしたり
または体幹を意識して姿勢を正すなど
意識を変えるよう努力したいものです。

ABOUT ME
でこ
バンコク在住15年。