タイ生活

タイを待ち受ける最悪のシナリオ、、

 

18ヶ月で、、

民主的な選挙を行って民政移管するといって政権についた軍事政権ですが、既に4年が経ちました。

その間、プミポン国王の崩御、新国王の即位など色々とあったのは確かですが、一体いつまで引っ張るつもりなのでしょう。

はっきり言って、タイ国の先行きは暗いです。

表現の自由、、

はギリギリと締め付けられ、集会は一切禁止されて、社会は息苦しさを増していく。
不敬罪という現在の魔女狩り法は、4年で既に100名以上を刑務所に送り、中にはフェイスブックである特定の画像にいいねを押したからという理由も含まれる。

外国人の私でさえ、現実を知れば知るほど薄ら寒くなってきます。
国を思うタイ人の絶望感はいかほどでしょうか。

最近、、

タイのラッパー達10名が RAP Against Dictatorship というグループ名でYoutubeで反体制的な楽曲をアップしました。
10月22日にアップされた曲は、既に3,700万回の再生回数を越えています。
 


 
設定で日本語字幕が見れます。

PVは死者100名以上、、

といわれる1976年のタマサート大学虐殺事件「血の水曜日事件」のオマージュです。
針金で木に吊るされて撲殺される学生とそれを取り囲む暴徒化した群衆(中には笑っている子供もいる)、、
 
興味がある方は、自己判断で「血の水曜日事件」をググってみて下さい。
 
対して、軍政は直ぐ様反応して脅しに掛かっています。
 

軍政は既に煽動罪・国家安全保障に対する罪で調査を進めているとのことです。
Pol Colonel Siriwat Deepor, the deputy spokesman of the Technology Crime Suppression Division, said police had already been ordered to identify the rappers and explore charges.
Police believe the rappers’ actions could have violated the Computer Crimes Act, which prohibits computer information inconsistent with the truth, undermines national security or causes public panic, he said.

 
 

ジェネラル・スリバラ「法を侵さないようにラッパー達に警告する。なぜならそれはあなたにとっても、あなた方の家族にとってもよくないことになるかもしれないからだ。」

“Let me warn musicians to not do anything risky against the laws because it won’t be good for you and your family if it’s found that there was wrongdoing,” Srivara said.

数名のラッパーは軍政を恐れて匿名としています。

Rapper and co-producer Pratchayaa Surakamchonrot said Tuesday that he doesn’t believe the song violates the law. He said however that four of 10 rappers chose to remain anonymous for fear of facing a backlash from the junta.

ABOUT ME
でこ
バンコク在住15年。