読書・音楽

【懐かし大河】太平記が面白かった😁

Youtubeでなんとなしに見始めたのですがハマってしまった。

昔の大河ドラマはこんなに面白かったんだな。

「太平記」は日本最大の歴史物語のひとつで、中国でいうところの「三国志」か。

まさに諸行無常の歴史絵巻である。

オリジナルは1991年

たしか高校時代だったか。
視聴率もよくて、大評判だった大河ドラマだった覚えているが見ていなかった。
僕は元気が出るテレビを見ていたのだ。ははっ。

しかし鎌倉幕府末期ってのはいまひとつマイナーなんだが
実に面白い時代だったんだなぁ。

時代背景が面白い

・武家と公家の争い。

公家側メインキャラクターも後醍醐天皇、日野俊基、護良親王など
実に魅力的である。

「望むと望まざるに関わらず、余は帝の子として生まれ、そなたは源氏の棟梁として生まれた。」

・足利尊氏があまりに魅力的。

英雄というよりも、迷う人間として描かれているのが実に日本的だと思う。
こういう価値観は中国人には分からないかもしれない。

あの時代に源氏の棟梁として生まれた性はすごく重いわけですが
英雄といえども、大きな時代の波の中では小さく、翻弄され、生かされているというのが大河の大河たる所以です。

あぁ無情である。

ほんとに人間味溢れていて魅力的な人物だ。

・タブーなく描かれる

平気で女も子供も殺すし、謀略は下手に正当化しない。

歴史は善悪という単純な二元論的では描けない
醜い部分も含めてできるだけ正直であろうとしている。

まだこの頃にはNHKにも良心が残っていたのだ。

キャストが素晴らしい

足利尊氏(真田広之)

足利貞氏(緒形拳)

後醍醐天皇(片岡孝夫)

楠木正成(武田鉄矢)

新田義貞(根津甚八)

北条高時(片岡鶴太郎)

佐々木道営(陣内孝則)

高師直(柄本明)

足利直義(高島政伸)

一色馬之助(大地康雄)

メインキャストだけみても
すごいんだが、サブキャストも豪華です。
あらためて、昔の大河はすごかったんだなと、、

一番好きなのは柄本明演じる高師直。
柄本明は、はまり役でくせのある軍師を好演していた。

ABOUT ME
でこ
バンコク在住15年。